Column

コラム

  • TOP
  • コラム
  • 子供部屋について考える ~引きこもらせない工夫~ vol.66

子供部屋について考える ~引きこもらせない工夫~ vol.66

2021.02.23(火)

徳島で新築住宅をご検討中の皆様、
こんにちは!

徳島で注文住宅を手がけている
ラッフルズホームの橋本です!

お家づくりをご検討される方向けに、
役立つ情報を発信していきたいと思います♪

少しでも参考にして頂けたら幸いです( ^ ^ )

最近の家の中は、子供にとって魅力あふれるものばかりです。

スマホにパソコン、ゲーム、DVDなど…
大人でも引きこもりたいくらい、誘惑あふれるものに囲まれています。
ただ子どもの場合には外で遊ぶこと、人間関係を覚えることも情操教育のひとつです。
そんな本日は、子どもが引きこもるきっかけを与えない
「引きこもらせない工夫」についてご紹介します。



◎快適すぎる子供部屋を作らない!
当たり前のことですが、自分の部屋でほとんどのことがすめば、
そこから出たくなくなるのは大人でも同じですよね。子供も同じです。
なのでテレビやパソコン、ゲームなどを子供部屋に置くのは
避けることをおすすめいたします。
特に、注意したいのがパソコンです。便利な反面、
子どもが個室に滞在する時間が長くなる要因につながってしまいます。
パソコンコーナーは家族が集まるリビングの一角に設けるなど、
できるだけ家族のいるスペースに出てきて、
触れ合える機会をつくることが必要なのだと思います。

またできればゲームも避けたいところです。
長時間ゲームができる環境を作らないことが大事ですね。
 
◎親の目が行き届く配置を考える!
たくさんの住宅メーカーが「子育て」をテーマにした住宅商品を提案していますよね。
そんなプランに多いのが「リビング階段」の間取りです。
玄関から直接子ども部屋に出入りできる間取りは、
どうしても目が行き届きにくくなってしまいます。

家事に集中していたりすると、帰って来ても子供が「ただいま」を言わなかったり、
リビングに顔を出さない限り、帰って来てことに気付けないことがあるかもしれません。
その点、「リビング階段」の間取りは、子供部屋に行くためには
必ず、家族のいるリビングを通らないといけません。

リビングを通ることで、ふとしたタイミングで会話も生まれ
コミュニケーションのとりやすくなります。
何をするにしてもリビングを通って…という動線が生まれる家なら、
どこにいても家族がひとつ屋根の下にいる安心感を得られやすくなりますね。
 
ニュースでもたびたび話題にのぼり、社会問題となっているひきこもり。
家庭でいろいろなルールを設けたりすることもできますが、
配置や間取りについては新築住宅を建築する際にしか考えることができません。

是非、お子さんのことまで考えた、悔いのない家づくりをしてみてください。
一覧に戻る

Contact

お問い合わせ

定休日 水曜日 / 第2・第4火曜日